平日が楽しくなる休日。時々旅行。

旅行やお出かけが大好きないぬとかわうそと申します。今週末のあなたの予定をご提案します。

Mr.インクレディブルのおさらい!

こんにちは!

 

いよいよ『インクレディブルファミリー』の上映が8月1日に迫ってきましたね!

 

Mr.インクレディブルの続編となる本作。

2004年に公開されているので、14年ぶりの続編となります。

 

せっかく見にいくなら前作のことも知っておきたいですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mr.インクレディブル MovieNEX【Blu-ray】 [ クレイグ・T.ネルソン ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


 

 

と、いうことで前作を振り返りましょう!

 

 

主要な登場人物

Mr.インクレディブル

本名:ロバート・パー。あだ名はボブ。

特殊能力は怪力。とにかく力が強い。

 

■イラスティガール

本名:ヘレンパー。Mrs.インクレディブルという呼び方もある。

特殊能力は全身が伸びる。落下時にはバルーンのようになる。頼りになるお母さん。

 

■ヴァイオレット・パー

パー家の長女。

特殊能力は自らが透明化すること、シールドを張ることができること。

 

ダッシュ

パー家の長男。

特殊能力はめっちゃくちゃ早く走ることができる。早すぎて見えないという描写もある。

 

■ジャック=ジャック・パー

パー家の次男。

特殊能力は不明。終盤で何らかの能力?を垣間見れるがいろんなことができるので、よくわからない。笑

 

■フロゾン

Mr.インクレディブルの古くからの友人。

特殊能力は空気中の水分を自在に凍らすことができる。彼のスーツはスケート場になっており、足元を凍らせて滑ることもできる。

 

エドナ・モード

スーパーヒーローではない。パー家のスーツを作ってくれる。癖のある性格。

 

■シンドローム

幼少期はインクレディブルボーイと自称している。本作の悪役。Mr.インクレディブルの大ファンであり、それが転じてMr.インクレディブルと対峙することに。

 

あらすじ

 Mr.インクレディブルはもともとスーパーヒーローであり、たくさんのファンがいた。その中の一人がシンドロームである。しかし訴訟社会になるにつれて、助ける弊害に対して訴訟を起こされるようになり、スーパーヒーローの姿を隠して生活するようになる。しかしMr.インクレディブルは過去の栄光を忘れられずにスーパーヒーローをこそこそと行い続ける。

 時が経ち、Mr.インクレディブルに1つの連絡が来る。スーパーヒーローの仕事の依頼であった。この話に乗り、Mr.インクレディブルは見事にこなす。だが、この仕事はシンドロームによって出されたものであった。。。

 

感想

   本作はMr.インクレディブルは過去の栄光を追い求めるという、ディズニーにはよくある話が軸にある。ただ本作の魅力はセリフにあるように思う。

   例えば、ヘレンパーの「昔の栄光を取り戻そうと足掻いて(中略)あれは過去のこと。これが今の私たちの現実なのよ」と言うセリフ。これは痛烈にMr.インクレディブルに突き刺さっただろう。

   こういったセリフはごく普通の夫婦を描くという事がディズニーには珍しいから、少し厳しいセリフが飛び交っているのかと思う。

   序盤ではこういった過去の栄光にすがるMr.インクレディブルに対しての厳しい言葉がでてくるが、終盤には家族の結びつきが強まる言葉がたくさん出てくる。

 

こうした家族愛の成長、そしてスーパーヒーローとしての再びの活躍。

こういったところに注目してみていただきたい!

 

 

つらつらとうまくない映画のレビューをしてみました!

このような見方でなくても、ジャックジャックはかわいいし、ダッシュはかっこよくなるし、ヴァイオレットはかわいくなります!笑

これだけでも充分楽しめますね笑

 

 

8月1日に迫った続編のインクレディブルファミリーでは、

どうやらジャックジャックが大活躍しそうな雰囲気ですね!

 

楽しみに待ちながら、本作を見てみてはいかがでしょうか!?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!