平日が楽しくなる休日。時々旅行。

旅行やお出かけが大好きないぬとかわうそと申します。今週末のあなたの予定をご提案します。

【映画】最後の最後で頭が?になる映画。夢で戦え!【インセプション】

こんにちは!

 

早速ですが、今回は私が1番好きな映画をご紹介させていただきます!

 

タイトルは「インセプション」。

2010年に日本で公開された映画です。

 

 

今更感もありますが、ほんとに好きで何回も見ているほど好きなのでご紹介させてください!!

 

キャスト

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ

モル・コブ(マリオン・コティヤール

サイトウ(渡辺謙

アーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィッド)

アリアドネエレン・ペイジ

イームス(トム・ハーディ

ユスフ(ディーリプ・ラオ)

ロバート・フィッシャー(キリアン・マーフィー)

 

などなど

 

監督はクリストファー・ノーラン

 

あらすじ

コブは人の夢の中に入り込んで、アイディアを盗むというのを仕事にしている。ある日、大企業のトップであるサイトウにライバル会社の御曹司であるロバートに、あるアイディアを植え付けてほしいという”インセプション”の仕事を依頼される。インセプションは非常に危険であり、こんな仕事であることはわかっているが、ある大きな見返りを提示され、仕事を引き受けることとなった。

 

何が好きなのか

ここからはなぜ私がこの映画が好きなのかをご紹介し、

ぜひ見ていただいて好きになってほしいという、押し付けです。笑

 

そもそもこの映画は超有名映画なのでご存知の方も多い方思います。

実際の感想として、「難しすぎる」とかってよく言われています。

 

はい。たしかに難しいです。笑

 

頭の中がこんがらがると思います。

 

だって、現実世界から夢の中に入り、その中でさらに夢の中に入り、一度その夢から戻り、またさらに夢の中に入って、

とかってことがずっとかなりスピーディーに進んでいきます。

 

今どの階層にいるのかがほんとにわからなくなる。

 

紙に書いて、今どの階層にいるのかを理解しながら見るといいかもしれませんね。笑

 

では、本題に入ります。

 

夢のような話を実現している

夢の話なのでごちゃごちゃしますが、

皆さん一度は夢の中や妄想の中でいろんな世界を創造したことはありませんか??

 

物理法則なんて無視した巨大建造物を作ってみたり、

世界中のいろんなところに行ってみたり。。。

 

それを描いているのがこの作品です。

 

街をひっくり返したりしちゃいます。

 

そしてどのシーンも壮大なほどにお金っかってそうな雰囲気がプンプンします。笑

 

冒頭の水が大量に建物の中に噴き出すというシーンがあるのですが、

DVDの特典映像で、このシーンの撮影秘話があります。

 

このシーン実際にCGを使わずに、大量の水を使って一回撮りで撮ったそうです。

 

他には町の中に列車を走らせてみたりとか。。。

 

スケール感すごい。。。

 

アイディアがすごい

これもまた”アイディア”が映画の中でよく出てくるフレーズなのでややこしいですが、

夢の中での行動などのアイディアがすごいんです。

 

例えば、夢から覚めるときってどんな時でしょうか。

 

自然に起きるときは別として、どこかから落ちたり、死ぬときにぱっと目が覚めた経験ってありませんか?

 

これが作中でも利用されています。

 

死ねば目が覚めるけれど、死ねなったとしたら、その時の痛みは感じます。

銃で撃たれれば痛いんです。

 

 

他にも、夢ってなんだって話ですが、もちろんこれは諸説あるとは思います。

ただ、私は実際の経験に基づいて夢が創造されているんだと思っています。

 

夢の中に出てくる人や物は、過去にあたことがあったり見たことがあるもので、

建物や場所なども行ったことがあったり見たことがあるもの。

 

だからこそ、夢の中での創造を現実に近づけてしまうと、

現実と夢の区別がつかなくなてしまうというもの。

 

このアイディアはすごく面白いです。

 

いつからが夢で、いつからが現実かわからなくなることありませんか??

 

目が覚めて、「あっ、これ夢だったのか。」って。

がっかりするようないい夢の時もあれば、

夢でよかったって思うこともあるかと思います。

 

これも作中でかなり慎重にわかりやすく描かれているかと思います。

序盤に夢の定義をアリアドネにコブやイーサンが説明しているシーンは絶対に見逃してはならないシーンだと思います!

 

結局最後のシーンが好き

結局最後のワンシーンがこの映画を語るすべてのように思います。

 

考察などは多くの方が様々してくださっているので、

ここでは割愛を致します。

 

ただ、同時期に公開されたディカプリオ主演の映画「シャッターアイランド」と同様に、

「ふぅ、終わった。」と、思った矢先にすぐに「えええ!!!」ってなります。

 

「なんでなんで」って!

 

きっと最後まで見たら、もう一回見ることになるか、

「ふーん」で終わるかの二択だと思いますね。笑

 

キャストが素晴らしい!

先ほどキャストもまとめましたが、

私はモル・コブ役のマリオン・コティヤールという女優さんがとても好きです。

 

彼女の作品やらをご紹介するにはあまりに長くなってしまうので、

また別の機会にご紹介させていただくことにします!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

インセプションに興味を持っていただけましたか??

ぜひ一度見てみていただきたい!

 

読者登録もお願いします!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インセプション【Blu-ray】 [ レオナルド・ディカプリオ ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/8/16時点)